前回の記事で書いたセッションさんからボグナーの歪みを3つほど借りてみた。
まずはBogner Ecstacy REDのレビュー的なこと書いてみようと思いますw

IMG_1996

あ、ちなみに、レンタル費用は3台まとめてセットをレンタルして2700円+消費税。
だいたい3,000円以内で10日間借りれます。
1台だけのレンタルなら大体1,000円以内で借りれます(宣伝ここまで!w)

==試奏条件==
  • アンプはローランド JC-120のクリーンを基準にしました(なるべくアンプのキャラクターを消したかったので、マーシャル等のチューブアンプは避けました)
    トーンは全部12時。リバーブも切ってます。
  • ギターはワッシュバーンのハードテイルで、PUはEMG 81と85を載せてます(まともなPUのギターがこれしかなかったですw)
  • 接続順は ギター→Ecstasy RED→アンプ(インプット)
ご注意!演奏動画ではないので、ギターの腕は無視してください!マジで適当に弾いております!お願いします!叩かないでください…
赤い躯体が特徴的なハイゲインディストーションですね。
サウンドハウスではオーバードライブってことになってますがww
コントロールは、volume、treble、middle、bass、gainですが、何やらいろんなスイッチがついておる。セッションさんから送られてきた状態では説明書なんかついてないので、何のスイッチかわからんですww
一応、いろんなスイッチをパチパチ切り替えてみた感じだと、細かくキャラクターを変えれて便利ですね。うん。
ブースト機能も付いているんで、歪みはこれ一つで完結できそうな感じです。ボードをなるべくシンプルに構成したい時なんかいいかもね。

remote用のインプットがあるんで、外部スイッチ入力でブーストとかペダルon/offができるっぽい(どんな時に使うのか見当もつかんですがww)

名前の通り、このEcstasy REDはBogner Ecstasyアンプの元に開発されてるっぽいね。(弾いたことないんで元のアンプがどんなもんか知らんですよ)

さて、肝心の音ですよ。音!
ネットにはいろんな試奏動画あるんですが、素人目線で試奏してみました。
なるべくアマチュアギタリスト目線でw


いかがでしたでしょうか?
まずはブーストONJCのクリーンからブーストさせてみると…多少クリアになったかなぁ…キラキラした感じが増えたようには感じた。ただ、もうちょっと追い込んでいけば印象は違うかもしれない。

ブーストOFF/右ゲインスイッチ(便宜上ゲインスイッチと呼びますね)ONした状態。
クランチからハイゲインまで歪み幅が広いですね。ピッキングに対するレスポンスも良いです。これ、ディストーションペダルというよりプリアンプ的に使うと良いかもしんない。
GAINを1時以降はグワーっと歪みます。結構強力な歪みに感じました個人的にあまり歪みすぎるのは弾きにくく感じるのですが、メタル系の人とかにハマるかもね。
10時から12時くらいが音的にまとまるように感じましたね。

総括♪
これ一つでいろんな歪みのキャラクターを使えるペダルですね。クランチからモダンハイゲインまで。
B’zの松本さんがBognerユーザーなの?知らんけど。フォロアーさん使ってみれば松本さんの音が出せるかもしんない(知らんけど)
プリアンプ的につかえそうだったので、JCのリターンで試してみてもよかったですね。
このペダル一つで細かく調整できるというのはかなりアドバンテージだとは思います。
ただ、このEcstacy REDじゃないと出せない音か?と言われると…個人的にはそうは感じませんでしたね。
サウンドハウスさんで、¥33,500ですか…そうですか…

追記…
セッションさんから使い方についてアドバイスをいただきました。
以下、引用。
ボリュームとゲインの下にあるミニつまみは、ブーストの量を決めるつまみです。
ボリュームだけブーストすることもできるし、ゲインだけブーストすることもできる、もちろん両方も可能です。そのブースト量を調整できる、ということでした。

おそらく動画でブーストするとボワボワしすぎるのは、このつまみの位置が高かったのかもしれません。
とのことです。僕の動画でGAIN と BOOSTを併用した際のギョワー!!とした音はミニつまみのの設定でした。 以上!ご参考までに…